97c5d8f9.jpgさあ今日は準決勝。2日間の予選で選ばれた34団体が熱戦を繰り広げた。中でも特に僕が気に入ったのはターポンスプリング高校。BOA出場団体の中では少人数でありながら、コープランドの「アパラチアの春」に様々な曲を盛り込みアメリカの100年史を素晴らしいビジュアルで表現していた。ちなみに準決勝はBOA側の配慮でスイート席で見せていただいた。ここはイスは贅沢なソファー、テレビモニターにバー付きと至れり尽くせりであった。準決勝終了後決勝進出の各高校が発表される。(どこだったかは下記参照)それと共に各クラスのチャンピオンも発表され、クラスAがベルブロック高校、AAがターポンスプリング高校、AAAが名門マリオンカトリック高校であった。その後決勝まで約1時間半ほどのブレイク。エディーと共にドーム近くの日本レストランで夕食。久々の寿司に喜んでいると、そこにブルーデビルスのプログラムコーディネーターであるロメロ・バレーラさんが来られて、僕もエディーもビックリ! 彼は我が大和のプログラムコーディネーターでもあり、本職はカリフォルニアいちの実力を誇るジェームズローガン高校のディレクターである。来年4月に行われるBOA主催の吹奏楽フェスティバルの打ち合わせが明日ここインディアナポリスで行われるため、ちょうど今到着されたところだった。一緒にお寿司を食べながら来年の大和のレパートリーなどについてお話しした。大和プログラムミーティングは13日、ジョン・ミーハンの自宅にて行われる予定であるが、一足先に使用曲など少しきくことができた。午後8時、サンディパティーが歌う国歌で決勝戦が開幕! プレスボックス最前列の席で観戦。出場団体と結果は以下の通りであった。
2000 BOA Grand National Chanpionships Finals
95.95 Marian Catholic HS (High G.E.)
94.60 Plymouth-Canton Educational Park HS (High Music)
93.55 Tarpon Spring HS (High Visual)
92.60 Lawrence Central HS
91.70 Carmel HS
90.65 Centerville HS
90.40 Center Grove HS
89.80 Northmont HS
88.10 Lake Park HS
87.65 Union HS
87.10 Bellbrook HS
85.80 Broken Arrow HS
以上、スコアが発表されるのは教育配慮のためか決勝のみである。チャンピオンに輝いたのは過去に何度も入賞している名門マリオンカトリック高校。昨年度チャンピオンのプリモスカントンエデュケーショナル高校は惜しくも2位。今回僕の一番のお気に入りであるターポンスプリング高校が3位。毎年上位入賞の僕が大ファンであるセンターグローブ高校が7位だったのがとても残念。(やはり音が原因か?)ファイナル初出場のノースモント高校(昨年は30位)がなんと8位。(さすがはウェイン!)発表は出場全メンバーが並ぶ中で行われ(DCIでもそうだがこの眺めは壮観!)発表の前にはサンディパティーの歌やドームなのに花火まで上がっていた。終了は午前12時30分、ホテルに戻る。決勝出場団体の曲目等の詳細は後日僕が執筆するバンドジャーナル誌で。(コマーシャル!)明日はジョン・ミーハンの住むカリフォルニアのマルティネズ(ブルーがあるコンコードの隣)移動のため午前5時出発予定。今から寝ると起きる自信がないので、徹夜を決め込みBOA第1日のレポートをやっと書くことにする。(お待たせ!)